2016年、新年のご挨拶と本年の活動予定について

遅まきながら新年、あけましておめでとうございます。昨年に続き年頭ご挨拶として、2016年の東京ロケテゲームショウ準備会の活動予定につきましてご案内致します。

まず最初に、単体イベント形式での「東京ロケテゲームショウ」に関するお知らせを2点。

  1. 2015年に続き2016年も単体イベントとしての「東京ロケテゲームショウ」は開催されません。
  2. 準備段階作業を中心とした実務にご協力頂ける方を公募致します。

1番につきまして。昨年の年頭ご挨拶でも触れたとおり、東京ロケテゲームショウ準備会では準備会の再編成を行う必要があると判断し、必要となるスタッフを主に内部のコネクションで拡充するべくこれまで動いてきました。しかし結果として2016年開催準備開始のタイムリミット(昨年12月を想定)までに必要なスタッフを集めることができませんでした。
拡充を行わず現状メンバーのまま準備を進めるのは各種リソースが大幅に不足しており、必要なイベント準備に基づく安全な当日運営を確保することが厳しいことから、2016年、単体イベントとしての「東京ロケテゲームショウ」開催を断念する決定に至りました。
本年の開催をご期待頂いておりました皆様におきましては、準備会正世話人をはじめ、準備会メンバーの力不足につきまして、まずはお詫び申し上げます。

これを受けて2番につきまして。内部コネクションによるスタッフ拡充が難しいことから、公募形式に切り替えることといたします。募集要項(募集条件、応募方法、等)につきましては別ページにまとめましたのでそちらをご覧ください。

次に「ミニ・ロケテゲームショウ(仮称)」につきまして。こちらはおかげさまをもちまして昨年9月、約1ヶ月間に渡りパイロット版を開催することができました。関係者各位、および期間中、お店でプレイして頂いた皆様へは重ねて御礼申し上げます。
目下、「ミニ・ロケテゲームショウ(仮称)」はパイロット版で得られた内容をもとに、本開催へと駒を進めるかどうかにつきまして各種検討・調整中です。
大まかな目標としては年に複数回、複数の店舗で行えるような形で、ロケテストを行いたいゲーム開発者の皆様にご提供できる環境作りを目指しております。
その一方、当然ながら単体イベント版のロケテゲームショウとはまた異なる形で、本開催に向けていくつかクリアしなければならない課題がございます。それらの課題がある程度、クリアできる見通しが見えてきましたら、改めてご案内致します。

以上、まとめての形でのご案内にて恐縮ですが、今年の東京ロケテゲームショウ準備会の活動予定についてお知らせ致しました。本年も宜しくお願い致します。

東京ロケテゲームショウWorking Group
正世話人
戸崎茂雄

広告